西崎寿志建築研究所

館林のクリニック

新興住宅地に建つ診療所。診察室と待合室の中央に中庭を設け、患者のプライバシーに配慮すると共に、退屈になりがちな待ち時間を、ゆとりある空間でしつらえることを意図している。またこの規模のクリニックの「解」として、住居と公共施設の両義的なスペックを与えることを確認した。

スライドショー1 スライドショー2 スライドショー3 スライドショー4 スライドショー5 スライドショー6

館林のクリニック(2002)
敷地面積:971m²/構造:鉄骨造1階/延床面積:293.09m²
施工:河本工業/photo by 翠光社