西崎寿志建築研究所

新松戸FH

築30年のマンションリフォーム。使い古された生活の痕跡をBleach(漂白)し、躯体の骨格や差し込む光など既存のポテンシャルを際立たせ、竣工当時の少し古いイメージの色彩を与えることにより、この住戸に流れる時間の「継続」と「更新」を表した。

スライドショー1 スライドショー2 スライドショー3 スライドショー4 スライドショー5 スライドショー6 スライドショー7

新松戸FH[リフォーム](2010)
建設地:新松戸/規模:SRC9階建て1階部分/築30年/専有床面積:79m²