西崎寿志建築研究所

館林のコートハウス-1

植栽やデッキを施した、性格の異なる3つの中庭を内包するコートハウス。住居の主要なスペースは、それぞれの庭に面するよう配置し、庭と連続した静寂な空間を造りつつ、開放感ある住まいを創出した。

スライドショー1 スライドショー2 スライドショー3 スライドショー4 スライドショー5

館林のコートハウス-1(2006)
敷地面積:721.85m²/構造:鉄骨造2階/延床面積:293.282m²
施工:河本工業/photo by 翠光社